診療所向け電子カルテPOMシステム

診療現場の各種情報を発生時点で入力してデータベース化。さらに、施設内のネットワーク化により、情報を診療、医事会計、患者サービス、医療経営で最大限の共有・活用ができることを目標とした診療支援システム。

患者時点管理

●患者の状況(移動状況、診察状況)が一目でわかる。
●患者の待ち時間、滞在時間が一目でわかる。
●来院患者氏名・数・状況(診察待ち、会計待ち、完了)。
●来院時間、滞在時間、など。


診療情報の入力とオーダリング

●豊富なセット入力、簡単にセットが作成可能。
●過去の診察記録を参照しながらの本日の診察記録記入。過去の診療記録からの簡単に転機可能。
●よく使うもの、過去に使用したもの、付箋月診察記録を記入。 ●診察記録への付箋付け、付箋月診察記録の簡単に検索・表示。


傷病名オーダー


●医師の思考に合った分類法。
薬価の表示があり、患者の経済面への配慮が可能となる。


処方オーダー


●医師の思考に合った分類法。
●薬価の表示があり、患者の経済面への配慮が可能となる。


オーダーのセット内容


●各傷病名別に、幾つかの候補の中から事前に登録した検査処置、処方を"一括して"入力することが可能。
●各医師が独自の設定="チューニング"・"カスタマイズ"が出きる。
●検査・処置や処方を、一つずつ個別に入力する手間や取り損ねがなくなる。


検査データの参照


●検査データを表示することが可能(検査システムと連携した場合)。


診療データの活用-検索






診療データの活用-集計


●患者待ち時間の把握(自動入力)→待ち時間の短縮の目標→待ち時間短縮の工夫と努力。

主な機能

●患者時点管理
●診療情報の入力とオーダリング
●傷病名オーダー
●処方オーダー
●オーダーのセット内容
●検査データの参照
●診療データの活用-検索
●診療データの活用-集計

開発のコンセプト「診療所向け電子カルテPOMシステム」

POMシステムは眼科医をブレーンとしたドクターが必要とされる機能、流れを電子カルテとして集約した電子カルテシステムです。

リハビリ電子カルテ

リハビリテーション診療現場の業務に即した操作性で、診察記録の入力、診療報酬の点数入力、報告書の作成などを容易にする診療支援システム。

リハビリテーション

患者の一覧を表示します。患者情報をサマリー表示し、リハビリの実施状況など一目で把握できます。

患者一覧は、様々は形式で表示することが可能です。
●病棟ごとの入院患者を表示。
●リハビリを実施した患者を表示。
療法士の担当患者を表示。


リハビリオーダーリング

リハビリ実施項目、実施時間帯を伝票感覚で入力します。患者のリハビリ実施状況や入院情報を見ながら点数入力が可能です。

●療法単位での入力(理学、作業、言語聴覚、精神科)。
●療養型、介護型に対応。


記録(1)


実施したリハビリ状況を即座に確認することが可能です。ペーパーレスでリハビリ実施状況の確認、リハビリの実施計画にも役立ちます。

1日の実施数やリハビリを実施した患者名を表示した週間業務記録が確認できます。


記録(2)


実施したリハビリ状況を即座に確認することが可能です。ペーパーレスでリハビリ実施状況の確認、リハビリの実施計画にも役立ちます。

患者のリハビリ実施状況を1ヶ月単位で確認できます。


書類(1)


1日計、週間計はもちろん、様々な書類を印刷することが可能です。使い慣れたWordやExcel形式へ出力することが可能で、分析や他の資料として活用できます。
療法単位で1日の業務日誌が印刷可能です。


書類(2)


1日計、週間計はもちろん、様々な書類を印刷することが可能です。使い慣れたWordやExcel形式へ出力することが可能で、分析や他の資料として活用できます。
患者単位でリハビリテーション実施記録が印刷可能です。


書類(3)


1日計、週間計はもちろん、様々な書類を印刷することが可能です。使い慣れたWordやExcel形式へ出力することが可能で、分析や他の資料として活用できます。
療法士単位で個人業務実施が印刷可能です。


集計(1)


リハビリ実施項目や療法士のリハビリ実施数などを月計、年計別に集計し、帳票印刷することが可能です。集計データをそのままグラフ形式で表示することが可能で、分析などに活用可能です。
リハビリ実施項目を利用した様々な集計結果を月計印刷します。


集計(2)


リハビリ実施項目や療法士のリハビリ実施数などを月計、年計別に集計し、帳票印刷することが可能です。集計データをそのままグラフ形式で表示することが可能で、分析などに活用可能です。
療法士ごとのリハビリ実施数を月計したグラフを表示します。


メッセージボード


他科や療法士の間でリハビリの情報を交換したり、院内の掲示板として活用することが可能です。
メッセージボードなど、リハビリオーダー以外の機能も用意しています。

主な機能

【患者管理】
●患者情報
●患者入退院状況
●傷病名、障害名情報

【データ活用】
●様々な項目を自由に組合せて検索可能
●患者数、診療報酬点数等の集計
●診察記録データのエクスポート

【診療報酬の点数入力】
●実施療法単位での入力が可能(理学、作業、言語聴覚、精神科)
●リハビリ実施項目、実施時間帯は伝票感覚で入力が可能
●療養型、介護型の入力が可能
●リハビリに使用する道具の入力が可能
●実施療法士単位での入力が可能
●加算項目を自動に算定
●所見入力

【書類作成・管理】
●療法業務日誌
●リハビリ実施記録
●療法士業務日誌
●退院報告書